スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港ホームレス - 些細なことからの教訓③

カイロでは、スーツケースについての進展はなく、友人とプラミッドツアーとエジプト料理を楽しんだあと、カサブランカにとんだ。カサブランカの空港でも、Strage Roomに入って、2-3時間自分でスーツケースを探したのだが、収穫と言えば、管理人に相当いやがられたくらいで全く実りが無かった。

唯一救いだったのは、カサブランカに飛んだエジプト航空のカウンターの女性が大変親切で、エジプト航空にはスーツケースをチェックインしていないいもかかわらずLost Baggageの処理を快諾してくれたこと(航空法上、最後の飛んだ航空会社のみがLost BaggageのClaimが出来ることになっている。僕の場合は、最後に飛んだエジプト航空ではチェックインしていないので、Lost BaggageのClaimを受け付けてもらえない可能性が高いと言われていた)。その彼女のClaimが命綱となり、約1週間後マラケッシュというモロッコの観光地で年末パーティーをやっている時に、スーツケースが見つかったという連絡がエジプト航空からあった。砂漠旅行を経由してカサブランカについたのは、2015年1月3日の深夜。スーツケースは、その翌日カサブランカの空港で無事に見つかった。アメリカに帰国の際に、彼女には美容に良い砂漠で作られているオイルを届けた(そのときカウンターにいなかったので手紙と一緒においてきたのだが、きちんと受けとってもらえているかは不明。ちゃんと届いていると良いのだが・・・)。

結局、このスーツケース探しのために、現金で10万円近く、僕の労働対価としては1週間のフルタイムに等しいほどの費用と労力を費やしたのみならず、常に旅行中でもスーツケースのことが気になっているというおまけ付きだった。Nature, Inc.の設立直後の絶妙なタイミングにおこった災難だった。この災難からの僕のTake Awayは2つ。

1つ目は、完璧を追求することはとんでもない費用を伴う可能性があるということ。どうしても大事だと思っているものに対しては、思い入れもあり、費用対効果を客観的に判断することが難しくなる。気に入っていたポールスミスの黒のジャケットを取りに行く事で飛行機の出発時間ギリギリの到着になることは想像に難しくなかったはずだし、冷静に考えればRiskyな判断だが、感情が絡むと的確な判断をすることが難しくなる。80%でも上手く行っていればそれで納得して先に進む勇気が特にスタートアップでは重要だと思う。

2つ目は、直感で感じた人の印象といのは結構正しいということ。色々な人に話をして、航空業界の荷物のルールについては詳しくなってしまったわけだが、僕が感覚的に信用出来そうと感じた人達は全て正しいことを言っていた。その人達の言葉を最後まで何よりも信じていれば別の解決方法もあったかもしれない。スタートアップをする上で人を見る力は最重要。自分の直感を大切にして行きたい。

スタートアップに本腰を入れる前に、こういう大事なことを肝に銘じて痛感出来たことは、実はかけがえのないことだと思っている(何と前向き思考と思われるかもしれないが、正にそれが僕の性分だと思う)。ここで得た教訓を忘れずに、Natureの発展のために全力で頑張りたい。

<約3週間ぶりに発見したスーツケース>

スーツケース

スポンサーサイト

ビジネスコンペティション@ハーバードMBA

今日、ハーバードMBA最大のVenture Competitionである、New Venture Competitionでピッチをしてきた。

昨晩は、このためにNatureのFinancial Modelしこしこと夜な夜な仕上げた。この段階で、Financial Modelを作って何の意味があるのかと思いつつも、Entrepreneurial Managementの教材を参考にしつつも、Startup仕様のModelを一から作るのは、結構遣り甲斐も発見もあり、楽しかった。僕は、やればやるほど、Startupが性に合うと感じている(起業家の家庭に育つと、そういう性分になるように育てられたということもあると思うが)。

Natureのプロジェクションによると、成長率が100%と仮定して、凡そ10年でマーケットシェア10%強。成長に必要な資金は、合計で10億円程度(Angel投資、Venture CapitalからのSeries A投資、Series B投資と段階的に投資を受ける合計)。Venture Capitalが投資をする段階での、会社の評価は約100億円弱。何とも知れらしい数字になってはいるものの、今の段階では単なる絵に描いた餅。これから、実現に向けて全力で取り組みたい。

ピッチの出来というと、プレゼンの練習をする時間はほとんど無かったのだが、流石に毎日このことを考えているせいか、言葉に詰まったりすることは殆どなかった。僕が、唯一インターンの面接をしていたシリコンバレーのClean Techのスタートアップからも、良く準備しているし、数字にも明るく業界のことも分かっているので、是非オファーを出したいという有り難いお言葉を頂いたのだが、面接の準備をしたというよりは、同じ領域で起業をしようとしているので、その関連のことを常に考えていたのが有利に働いたということだと思う。僕は、この常に考え続けたときの人間の力というのはかなり凄いというのをこれまでの経験からも感じている。

少し話しがそれてしまったが、結果はというとイマイチだった。審査員の方(5人)の、2-3名はNatureの事業領域にも明るく建設的なコメントを頂いたのだが、残りの審査員の反応がイマイチだった。いちばん、回答に苦労したのが、「どうしてあなたのこの商品が競争が激しいこの分野で勝ち残って行けるのか?」というものだった。これに対する納得の行く回答は、①これまでの成功した経験のある起業家をチームにいる、②既に商品が完成しており、消費者からの需要が急成長している、ということに行きつくと思う。僕の場合は、①も②もないので、とくかく早くプロトタイプを作って、消費者に使ってもらい、そのフィードバックを受けて商品を改良するというサイクルを回したい。

このHBSのNew Venture Competitonというのは、2年生の起業家達の集大成としてのイベントということで、僕より遥かに先に行っているスタートアップが沢山いると思う。僕も、来年こそはこのComptetionで確り戦えるようにアイデアを具現化して行きたい。

<New Venture Competition>

NVC

起業家のための夏休みの支援プログラム@ハーバードMBA

HBSには、2年生に進級する前の学生を対象としてRock Summer FellowshipというAcceleratorプログラム(起業支援の為にリソースを提供するもの)がある。応募は、2段階に分かれていて、1st Roundの締切が3月初旬、2nd Roundの締切が4月中旬にある。

僕は、最初は2ndに出せば良いと思っていたのだが、起業家の友人(彼は、同級生と一緒に起業して、東南アジアの中小企業を対象にした融資サービス事業を立ち上げている)から、「1st Roundの方が、受かり易いので、絶対に1st Roundで出した方が良い!」と締切の3日前に言われ、急いでApplicaitonを準備して出願した。

このプログラムは、結構難易度が低いという噂であまり心配していなかったのだが、まさかの・・・・・・落選。「Customer Discoveryが足りない」というコメントをもらった。確かに、応募要項にしっかりとCustomer Discoveryをしていることという記載があったのは、僕も良く覚えていたし、そこにアドレス出来ていない事は自分でも分かっていた。まさかの落選でショックは大きかったが、その後選考委員に話を聞きに行ったところ、今年は応募者が多く、1st Roundはかなり厳しく評価したので、落選者は多数いる。2nd Roundでは、そこに確りアドレスして、是非再度応募して欲しいとのことだった。

この通知を受けたのは、まさにカリブ海をセーリング中の時だった。周りに、HBSの学生が100人もいるのでこれはチャンスと、早速Customer Surveyを開始。IPhoneを持ち歩いて暇そうな人に片っ端から2-3分のSurveyの回答をお願いした。同時に、FacebookやEmailで日本の知人にも回答をお願いした結果、120人弱の方からの回答が得られた。ご協力頂いた皆様、ありがとうございます!

兎に角、日々勉強ということで、2nd Roundに向けて今度は確りしたアプリケーションで望みたい。

PS. ちなみにSurveyはこちらになりますので、まだの方は是非宜しくお願い致します!

Nature Smart Plugアンケート

<カリブ海の夜>

カリブ海の夜

セーリング@カリブ海

春休みにカリブ海にセーリングに行ってきた。僕は、アメリカでのヨットのライセンスが無いので今回はFirst Mate(副キャプテンのようなもの)として約1週間程度ヨットに乗ってきた。

僕たちの船は、カタマラン(キールが2つあって傾きにくいヨット)の46フィートでかなりゆったりした構造になっているものの、11人での旅行となったので、個人のスペースはかなり限られていた。僕は、クラスメートと相部屋で1週間過ごしたが、ブランケットは流石に2枚欲しかった。HBSのSailing Clubで合計で同じ船を8艇借りたので、参加者は合計で100人弱。

初めてカリブ海に来て驚いたのは、インフラが凄く確りしていること!日本でセーリングしていたときは、常に漁業組合の人とかマリーナの人とコミュニケーションを取りながら停泊場所を港につく度に確認していたが、カリブ海ではその必要はなし。モーリングポール(海水浴場にある境界線をしるしている浮きのようなもの)にロープを引っ掛けて止めるのみ。海も凪に近い状況でほとんど波もなく風邪も安定していたので極めてセーリングしやすい環境だった。来年は、ライセンスを取って、仲間を呼んでスキッパー(船長)として1艇借りたいと思う。

僕も、いつの日か日本のセーリング人口を増やすべくチャータービジネスでもしたいなと思った次第(Nature, Inc.マリーン事業部?)。

<St. Patric Day@カリブ海>

カリブ海


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。