スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業スタート

遂に、今週からHBSの授業がスタートした。

HBS Start


ウェルカムスピーチでもHBSのスタッフが口を揃えて言う台詞は、”educate leaders who make a difference in the world”だった。正直、どこの学校でも似たような宣伝文句を使っているし、どこまで真剣にHBSがそれを考えているのかは、半信半疑だったが、1週間授業を受けてみて僕の穿った見方が間違っていたことを痛感させられた。この学校では、ビジネスに関する知識を教えるのではなく、ビジネスというコンテクストを使って、経営者としての判断力を鍛えることを主眼にプログラムが作られている。短い期間だが、これまで過ごして感じたのは、HBSのプログラムが以下3点を実現するために極めて洗練されているということ。これらを個々人に実現させることで、結果として、学校が謳う世の中を変えるリーダーを生み出すということに繋がるのだと思う。

①自分に大切なものを気付かせる
②経営者としての判断力を磨かせる
③学内外での人的なネットワークを構築させる

また、授業に対する教授陣の意識の高さに驚いた。生徒の名前を事前にチェックするのは勿論のこと、授業の最後には”あ〜なるほど!”と思わせるTake Awayが必ず用意されている。今週は、8つ授業を受けたが、全てにおいてそういう気付きがあった。いちばん印象的だったのが、日本企業がアメリカでマーケットシェアの過半を持っており、その日本企業にアメリカの会社がどう対抗するかというマーティングの授業。結局、日本企業が完膚なきまでに打ちのめされた話で大変悔しい思いをしたのだが、そういう話をアメリカの学校で聞くのは新鮮だった。

そのアメリカ企業は、極めて綿密に戦略をたてて、それを全て実行して行く。授業の中盤でその戦略を社長が社員に説明するビデオが紹介された。そのビデオは、途中で一旦ストップさせられ、教授から質問を受ける。彼らは、出来ることを全てやっているとは思わないか?これ以上、彼らに必要なものは何がある?散々僕らに考えさせた後で、教授が口を開く。「顧客転換戦略だよ。これがないとどんなに崇高なマーケティング戦略があったとしても、成功しない」、と。それで、最後に顧客転換戦略に関するビデオを見せて、「あ〜、なるほど」という展開だ。生徒が自分で考えて、最後には生徒の頭の中に大事なメッセージが残るように授業の構成が練られている。

クラスの雰囲気はというと、殆どが英語が母国語かアメリカの大学を卒業している生徒で、アメリカンジョークが炸裂している。僕より英語が下手な人はいないので、会話についていけず、のび太君になったような気分になってしまう日々だ。授業は、文脈が分かるので何とかなるが、授業から離れると結構大変。ただ、これまで自分が持ってきた価値観や仕事での実務経験は、他のクラスメイトとは差別化出来ることは分かったし、ケースで手を挙げて話をするのもそんなに苦にはならなそうなのがせめてもの救いだ。地道にコツコツ努力して、何とか切り抜けたい。

PS. HBSでは10つのセクションに90-100人の学生が割り振られるのだが、そのセクションというのがこれから長く付き合って行く仲間でとっても重要。ここでは、最初の1年間は全く同じ教室と席で授業を受けるのだ。そのセクション発表の瞬間の動画がYouTubeにUpされており、どうやら僕も少し写ってしまっていたようなので、ご紹介まで。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。