スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Section Retreat(HBSの雰囲気)

これもまた数週間後の投稿になってしまったが、Section Retreatということでバーモント州の湖付近のキャンプ場に同じSection(毎日授業を受けている仲間)と旅行してきた。この旅行では、かなり多くのパートナー(HBSの学生の奥さんや恋人)も参加しての会となった。

殆ど全員集合でかなり盛り上がった。僕も、”カラオケは日本の文化だ!”、と、つい調子にのって熱唱してしまった(以下がその場面を激写された写真)。大した歌唱力ではないことは自分で良くわかっているが、"Hey, Haruumi! You were amazing!”とみんな煽ててくれるのでかなり楽しませてもらった。

karaoke


HBSの雰囲気は、Competitiveで競争が激しいイメージを持たれがちだが、実際に入っていると、みんなかなり協力的。何よりも、Sectionの中で自分たちの大切にするNorm(行動規範)については、散々議論しているが、みんなが常に口にするのが、”Inclusiveness(分け隔てせず受け入れる姿勢)”。このInclusivenessというのは、学生だけではなく、そのパートナーや子供も含めてのこと。この価値観は素晴らしいと思う。

Harvardの雰囲気について、否定的なイメージを持っている受験生は少なからずいるとは思うが、そういう方は是非Campus Visitを!僕自身、来る前と来た後では随分イメージが変わっている。

Section Mate
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。