スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港ホームレス - 些細なことからの教訓②

UAと話をしても埒が明かないので、藁にもすがる思いで元々のAAのCheck Inカウンターまで行った。約30分ほど待たされた後で、シニアな女性の担当者に当たったのだが、今回のUAの件は、自分の責任であるのは事実なので、包み隠さず説明したところ、凄く親身に対応してくれた。

しかし、彼女がどんなに頑張って探してくれてもロンドンからカサブランカ行きの便に間に合うようなフライトの組み合わせは見つからない。30分ぐらいは試行錯誤して探してくれたが、どうしても見つからないと言う。どうにもならないので、僕の方からロンドン以降は何とかするから、兎に角ロンドンまでの飛行機を手配して欲しいと懇願。更に、15分近く待った挙げ句、結局手配してもらったのは、以下のフライト。1日遅れての到着とはなるが、何とかロンドンまでの便は追加料金無しで確保できた。

Flight Date Departure Arrival
1 United Airline / SFO (San Francisco) - AUS (Austin) 22-Dec-14 1139pm 514am (+1 day)
2 United Airline / AUS (Austin) - IAH (Huston) 23-Dec-14 659am 800am
3 British Airways / IAH (Huston) - LHE (London) 23-Dec-14 440pm 730am (+1 day)

フライトが手配出来たところで、今度は手荷物を確保すべく、UAのCheck Inカウンターまで再度向かった。さっき対応してくれたUAの女性職員の姿はもうそこにはなく、別の女性に事情を説明し、手荷物のピックアップしたい旨を伝えた。すると、なんと・・・・、UAのロンドン行きの便で既にロンドンに向けて出発したと言う!正に、僕がフライトへの搭乗を拒否されたのは、荷物のCheck Inが間に合わないからだったはずだが、実はスーツケースは僕が主張していた通り、UAのロンドン行きの便に無事に乗せ代えられていたというのだ。信じられない事実・・・・。

もうその時点で僕はヘトヘトで怒る気力も無く、ロンドンでピックアップすれば良いか思ってその場をさっさと去った。もう次は遅れるわけにはいかないので早々にセキュリティーゲートを通過して、夕食を取る事にした。空港内の廃れた店で和食らしきものを食べながら、今度はロンドン以降のフライトの手配に着手した。幸いにも、ロンドンからカイロへの直行便が見つかった。すぐさま、カサブランカとカイロの往復便はキャンセルし(幸運にもこのキャンセルにおいては、キャンセル料US$100程度で残りは返済された)、ロンドンからカイロとカイロからカサブランカの便を手配した(追加料金は、約US$600)。色々と条件について電話で確認していたので(この時点で携帯の充電が無くなったので、PCのSkypeで全て会話)、全て終わったころには搭乗の約45分前になっていた。

オースティンとヒューストンには、無事に定刻通り到着し、ヒューストンでのロンドン行きの便の発見には、また2〜3時間程度かかったが、何とか無事に完了。時間が余ったので、早々に搭乗口付近のラウンジに向かった。ラウンジには、極めて親切なBritish Airwaysの年配の女性がいたので、状況を説明して意見を聞いてみたところ、彼女は僕の荷物は間違いなくロンドンにあると言う。なぜなら、セキュリティの問題上搭乗客がいないと分かっている荷物を乗せることはまずないからだと。疲労困憊の状態でロンドン行きの便に乗り込んだ。隣の席には乗客がおらずエコノミーながらかなり快適なフライトで良く眠れた。そして、漸くロンドンに着いた。

ロンドンに着いてからすぐに荷物探しに動いた。カイロ行きの便迄は、6時間の余裕があったので、この間に荷物を探し出そうと思っていた。UAの乗り換えカウンターにてシニアで最も信頼出来そうな男性を選んで相談した。彼は、恐らくそこの責任者で複数のタスクを同時にこなしていたので相当待たされたが、対応はテキパキして信頼できそうだった。僕の荷物の状況を確認したところ、かなり渋そうな顔で、「あなたの荷物はここにあるみたいだ」と言う。僕も、興奮を隠さず、「ここというのは、この空港のことですよね?」と確認したところ、その通りだとの反応。すぐさま、僕は空港のUAのBaguage Claimに向かった。

そのBaguage Claimには無愛想な女性しかいなかった。仕方がないので彼女に状況を説明したところ、「あなたの荷物はここにはないわ。既にカサブランカに向けて送られている」と言う。まさか、丁度さっき、ここにあると言われたばかりの荷物がどうしてカサブランカに送られていることになっているのだ?さっぱり、状況が理解出来なかった。何度説明しても、取りつく島もない対応だったので、僕もやむなく引き下がった。ロンドンにあると期待していた荷物がもうここにはないと言う。僕も出来る限りのことはやりたいと思っていたので紛失荷物の届け出をだすべく、British Aiwaysのカウンターに向かった(航空業界のルールとして、紛失荷物は最後に使ったキャリアに届けを出すことになっている)。届け出を出そうとしていたのだが、受付の女性が荷物担当に連絡をして確認してくれたところ、なんと、僕の鞄は空港の中にあるという!それも、ロンドンから乗るはずだったRoyal Air Morocが搭乗者が確認出来なかったので確保していると。僕は、最後の望みをかけてRoyal Air MorocのBadgage Claimに向かった。

が、しかし・・・・・、僕は外から行ったのでBadgage Claimの中には入れなかったが、外から電話で荷物担当と話をしたところ、荷物はここにはない。もうすでにカサブランカに向かった”はず”だ。紛失荷物は最終目的地で届け出を出すのがルールなのでカサブランカに着いた後で届け出を出すように促された。僕は、彼が若干ごまかしているような雰囲気を感じだのだが、プロトコル上彼がこれ以上の事を言えないのであろうことも感じ取っていたので、ひとまず退散して、兎に角カサブランカまで行く事を決心した。

偶々、カイロで会うはずの友人とロンドンからカイロの便が同じになったのでロンドンの空港で落ち合ってカイロにとんだ。

<エジプトのピラミッド>

ピラミッド


スポンサーサイト
コメント

No title

結局荷物はどうなったん?

Re: No title

更新しました!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。