スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行は止めておけ

最近、海外旅行をすると散々な目にあっている。

ボストンに来てからいちばん最初に行ったのは、フランスのパリ。ここでは、地元で有名な魚介類のレストランで生の貝類をたらふく食べた。すると滞在の最終日前日に食あたりを興して、高熱に苦しんだ。幸い帰国の便で、トイレに籠るようなことはなかったが、折角のパリが台無し。

次に、冬休みのアフリカ。ブログでも書かせてもらったが、スーツケース探しに翻弄し、最後に見つかったのは良かったが、旅行中にかなりの時間と労力をスーツケース探しに捧げてしまった。

その次は、カリブ海のセーリング。出廷して約2日目から耳から水が抜けないことに悩んでいた。帰国して病院に行ったところ、耳に水が入っているのではなく、外耳炎になっていた。幸い1週間程度で完治したので良かった。

最後に、この前帰国した日本。滞在中は、時差ぼけでまともに練れなかった程度だったのだが、帰国して足の三角靭帯(僕も、数日前に知ったのだが、足の内側にある3つの靭帯の総称)のあたりが痛くなり病院にいったところ、恐らく靭帯か腱が炎症をおこしているだろうとのこと。1日に3度の鎮痛剤の服用に加えて、15分を4セットで確り患部を冷やす必要があり、これは大変だ(というか、まじめに冷やし始めたのは今日からだが)。最初は、少々の痛みだったので完全に無視して生活していたので、随分悪化させてしまった。そのお陰で、今年最後の大きな社交イベントが今Newportで行われているのだが、タキシードまで新調したのに、見送ることになった。

海外旅行は止めておけ、と天命を受けているようだ。

<自宅でおとなしく足を冷やす様子>
靭帯損傷

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。