スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバードMBA 1年目終了 起業総括編

早いもので、ハーバードMBAの1年目のプログラムが終了した。試験の最終日の翌日に飛行機で東京に戻り、今、ラウンジでこの記事を書いているが、振り返ると本当にあっという間だった。

本当は、もっともっとNatureのことに集中したかったのだが、相当MBAの勉強に時間を取られてしまったというのが率直な気持ち。この1年でのいちばんの収穫は、やっぱりハーバードやMIT の起業家のたまご達と付き合い、彼らのアイデアが世の中に認められる瞬間に立ち会うことが出来たことだと思う。ハーバードMBAのビジネスコンペティションで見事に優勝したMichael、MIT Clean Energy Prizeの優勝で約$400,000の起業資金を手にしたAlex、Kick Starterで資金調達し会社を立ち上げる仲間達、Field 3(実際にマイクロビジネスを立ち上げる授業)のプロジェクトを継続する同級生。彼らが、アイデアの段階で悩み、試行錯誤を繰り返して、認められるという経緯を横で見る事が出来たのは、確実にこれから僕がNatureの事業化を目指す上で糧になると信じている。

いくつかのビジネスコンペティションに参加し、その優勝者のAward Ceremonyにも参加してきたが、その中でもいちばん印象に残っているのは、Field 3のCeremonyだ。というよりは、その中のCleverlayoverというチームのプレゼンだったと思う。見た瞬間に、彼らはちょっと異次元だなと感じた。彼らのアイデアは、通常のフライト検索サイトでは提携している航空界者間のフライトの組み合わせしか選べないが、複数のサイトからデータを抜き出して、インターネットで調べることの出来る最も安いフライトの組み合わせを提案出来るCleverlayoverという検索サイトの事業化というもの。技術的には可能だったが、これまでのフライト検索サイトは、乗り継ぎや手荷物の問題もあり、敢えてやってこなかった組み合わせを、兎に角安い航空券が欲しいという消費者に対して提示するというもので、金額にして最大30%のメリットがある。とっても分かりやすい、Value Propositionでシステムも既に動いていた。それが故にプレゼンも圧倒的にシンプルで分かりやすい。

IPO


凄いのが、ハーバードMBAの2人の学生がそのシステムをスクラッチから僅か2-3ヶ月で全て作り上げたということ。そのうちの1人が睡眠時間を削って大半のコードを書いたらしい。彼は、アメリカのTop Schoolで数学と情報工学を勉強し、その後コンサルティングファームで働いていたのだが、MBAの勉強と並行してシステム構築に必要な知識を勉強しながら仕上げたらしい。そのサイトは、既に相当のアクセス数を獲得しており、色んな記事にも取り上げられている。僕も、Natureで最後は自分で技術的なこともやることを考えながらも、技術者を探していた。彼らの短期間での成果をみて、やっぱり、そんなぬるいことを言っていては駄目だと痛感させられた。

Natureもこの夏から本格的に始動開始する予定なので、乞うご期待!
スポンサーサイト
コメント

No title

なんかすごい世界だな。俺ももっと頑張らねばと思った。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。