スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバードMBAの本当の凄さ

約1ヶ月の日本滞在を終えて、漸くボストンに戻ってきた。短い時間だったが、本当に濃密な時間を過ごすことが出来た。これも支援して下さった皆さまのお陰以外のなにものでもない。

帰国時にお世話になった商社の先輩であり、ハーバードMBAでの先輩でもある先輩と飲む機会があり、ハーバードMBAの本当の魅力について熱い議論をさせてもらった。そこで意気投合したのは、ハーバードMBAが本当に凄いのは、資本主義の権化とも言われるこの学校の徹底した「仕組み」であるということであり、その洗練された仕組みを2年間体感することに大きな価値があるということだ。では、その実態がどういうものかということを少し解説したい。

何となくケーススタディというものを理解されている方は、多いと思うが、ハーバードでいかにしてケーススタディを教えているかということを知っているのは、実際にこのケーススタディを経験した方くらいだと思う。ハーバードでのケースの教え方には、徹底的に学生の学びというアウトプットを極限かする仕組みが出来ている。

まずは、学生の観点。成績の50%が授業での発言で評価される。当然、ケースを確り読んで準備した生徒がこの発言点においては有利である。恐らく、話を聞いていればその生徒がどの程度ケースを読み込み、思いを巡らしたかというのは分かる。また、逆に他の学生の発言を聞く場合も、事前に準備を徹底している方が理解が深いし、記憶にも残りやすい。残りの50%は、期末試験かレポートであるが、これは包括的に学習内容を理解しているかのチェックになっている。つまり、授業で扱う特定の分野に精通していたとしても高い評価は得られない。そういう風に期末試験は出来ている。

次に、教授。ハーバードMBAに来て驚いたのは、教授陣の質の高さと熱心さだ。授業における準備という意味では、教授が学生のそれを遥かに上回る。どんな発言が生徒から出てきても、収束点を目指して、全体の議論を誘導するその力は、圧巻である。それに加えて、学生からの質問や訪問にたいして熱心に指導してくれる。僕も、何度も教授のオフィスに足を運んでいるが、常に快く受け入れてくれるし、15分~30分という短い時間だが、極めて有益なアドバイスをもらっている。

この学生と教授もお互いに評価し合う仕組みになっている。学生は、当然教授から成績を受け取るし、それ次第では、退学処分になることもある。教授も、学生から期末に評価を受けて、それが良くないと昇進出来ない。ここまで徹底した仕組みがあるから、その学習効果は想像以上に凄い。僕自身も、正直ケースによる学習効果については懐疑的だったが、日本に帰国し、色んな人とビジネスの話をする上で、思った以上にこの1年で鍛えられたなということを実感した。

次に、ハーバードMBAではフィードバックを極めて重視しているし、その改善のサイクルが凄い。例えば、とあるカリキュラムで学生から同様のクレームが多数入った場合に、その問題点は翌年にはもう存在しないのだ。そのペースで、学校側は軌道修正して、最適なやり方を模索している。正に、超優良起業並のスピード感がここにはある。

最後は、やはり機会の提供だと思う。ケースで取り扱った内容の当事者が授業に来る事は日常茶飯事だし、その後に昼食会に参加することも出来る。人気のあるゲストの場合は、抽選になるが、そこでは、より込み入った質問をすることが出来る貴重な機会だ。多い授業では、恐らく取り扱うケースの50%近くの当事者が学校に来てくれたのではないか。

それだけではなく、授業後にCEOが講演に来てくれることもあるし、祝日に学生主催のコンファレンスでゲストスピーカーとして早々たる面々が参加することもある。つまり、世の中で活躍する経済界の方々と接点を持つということにおいてこれほどの機会は他にないと思う。

CEO Speach


僕は、この学校では、今、「会社を経営する人材育成」から「価値を創造する人材育成」に舵が切られているのではないか、と感じ始めている。これまでのような典型的なコンサルや金融系のバックグラウンドの人でさえ、本当の自分を模索しようとハーバードMBAに来ている人も多い。特に、超優良のPrivate Equity Firmを退職し、金融は本当に自分がやりたいことではなかった、本当に自分がやりたいことを探しにMBAに来ているという人が結構いる。これは学校側がそこにより強い焦点を当てているというのもあるが、そういう人間を取っているということが大きいと思う。僕も、昔のハーバードMBAのことは分からないので昔のことは何とも言えないので、人伝に聞いた印象の範疇でしかない。

I Scramble


つまり、何が言いたいかと言うと、ハーバードMBAとは、ビジョンと夢を持った(又は探している)学生の集まる場所であり、それを実現する最高の機会を提供してくれる場所であるということだ。そういう高い志を持った日本からの受験者が今後どんどん増えてくれればと思う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。