スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫び

6月30日の午後11時半頃、僕は待ちに待っていたiMacがFedex経由で12時頃に届くことになっていたので、引き払う前のアパートで待機していた。

幸い隣の部屋なので僕の部屋のWifiが届いて、Macbook Airを持ってカタカタと作業をしていた。時刻は、13時前、待っても待ってもこない。そうしているうちに時差ぼけのせいで極度の睡魔が襲ってきた。眠くて仕方がなかったので隣の部屋から寝袋を持ってきて少し仮眠して待つことにした。起きたときには既に15時だった。これはおかしいとドアを空けてみると、実はFedexが既に来ていた。何か物音がしたという瞬間はあったが、部屋をノックしたりという明確なシグナルは間違いなくなかったと思う。既に、Fedexが週末に2度来ていて、これがラストチャンスだったのにここで受け取れなかったショックは大きい。仕方がないので、Fedexに電話して、自分でPick Upすることにした。

そして、漸くiMacが家に到着した。iMacが届かない間は、Herokuの開発環境をMacBook Airの方に設定し、着々とソフトウェア開発の準備を進めていた。

iMac到着


それと並行して日本国内の助成金についても調査を開始した。すると、何とNatureの為にあるような助成金があるではないか?!しかも、締切がなんと今からたったの1ヶ月。色んな人に話を聞いて回ったが、この助成金に応募しない手はない。が、僕は1ヶ月は集中して、ソフトウェアを開発することを決めていた。どっちもやることも考えたが、如何せん超重要な2つのタスクを全て自分で抱えるのは無理がある。悩んだ末に、僕がどうしてもやる必要のないソフトウェアの開発は外部に業務委託し、僕は助成金の応募準備に集中することにした。

数日前に、プログラミング奮闘記を30日間書くことを宣言したばかりなのにお約束が守れず大変申し訳ございません。助成金準備の合間にこのブログの更新は続けさせて頂きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。