スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のイノベーションセンターとしての関西のポテンシャル

漸く、先日の助成金の応募がひと段落したので久しぶりに投稿したい。実は、先月、Nature, Inc.の日本法人が京都に誕生した。その名も、Nature Japan株式会社。どうして京都なのか?

東京への人口集中問題
僕は、就職して初めて東京に住んだのだが、6年間の生活を経て感じたのが、とにかく東京には人が多すぎて人との物理的距離感がおかしくなっていて、それが理由で不快な思いをすることが日常茶飯事となっていること。最悪なのは、満員電車で明らかにスペースがないところにでも、人を押しのけて入る。これが東京では普通なことに最初は驚いたし、6年経ってもこれには慣れなかった。僕は、田舎の島で幼少期を過ごしているから特にそう感じたのかもしれない。

でも、この根本的な問題は、結局企業が東京に集中し過ぎていることにある。企業が集中しているので、そこに人が住むし、それを支える行政組織も必要になってくる。資本主義や市場原理に委ねて都市設計を計画的にしてこなかった結果が今の東京の実態なのではないか。そんな問題意識を僕は常に感じていたので、自分の会社は東京以外の都市に作ると決めていた。

グローバル企業の日本拠点
僕は、Natureという会社はまだ何者でもない会社であるが、この会社をグローバル企業にするという事にはとことんこだわりたいと思っているし、そのために必要なことはすべてやりたいと思っている。Natureがグローバル企業になるという前提で考えると、日本拠点はやはり外国人が来て日本の良さを知ってもらうのに最高の場所というのも1つの場所の選び方だと思う。その結果、日本の古都である京都を選んだ。これをきっかけに少しでも地域の活性化の一助となればと思う。

日本のイノベーションセンターとしての関西のポテンシャル
僕は、最近感じているのだが、関西には日本のイノベーションセンターになるポテンシャルがあると思う。これは、あくまで僕の仮説なのだが、関西にはとんでもないものを許容する文化があるように思う。例えば、関西人は、おもしろいからえーやないか?!という軽いノリで突拍子もないことを受け入れてしまう、そういう寛大さを大切にしているところがある。関西という地域が、日本で活躍するお笑い芸人を量産しているのもそういう価値観がお笑い芸人を育てやすいのかもしれない。

僕は、関西で活動するのはこれからなのでまだまだ他にもたくさんあると思うが、関西には日本のイノベーションセンターになるポテンシャルがあると感じた具体的な事例を紹介したい。

まずは、結局住民投票でおしくも成立しなかったが、大阪都構想。僕は、あまり事の経緯を細かく追ってはいなかったが、これまでこれだけ長期間において大阪市として存在してきたものをここに来て大阪を都にして統治機構改革を起こすというのは相当斬新な発想だと遠くから話を聞いていた。僅かの投票差で可決はされなかったが、これをきっかけとした更なる改革に期待したい。

大阪都構想


次に、大阪大学の飛び級制度。ボストンであった大阪大学出身の知人から聞いた話だが、大阪大学では大学院の3年生に大学院試験を受験させて、大学4年生を経ずして修士課程に編入される仕組みを導入しているらしい。この仕組みで飛び級する学生が相当数(確か、1/4程度だったとうっすら記憶)いるというのが驚きだ。ただ、大学4年生を経ていないので修士課程を終わらせなければ高卒になってしまうらしいが・・・。

Nature Japanでも、次なる関西初のイノベーションをドライブして行きたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。