スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Energy Venture初日

随分と更新が遅れてしまったが、 Energy Venture初日の記事を更新。

僕は、ハーバードMBAに入学する前からMIT Energy Ventureはどうしても取りたいと思っていたので、授業への期待もその分大きかった。このコースでは、 MBAの学生が4割、エンジニアの学生が4割、政策の学生が2割でチームを構成する。そのため、MITの優秀なエンジニアでかつEnergyの分野に興味を持っている学生をヘッドハントするには最高の場所だと期待に胸を踊らせて参加した初日。

僕は、自分のビジネスアイデアを選考プロセスの中でも売りにして履修許可をもらっていたので、当然ながらそのアイデアをベースにチームを作ろうと考えていた。最初の2日は、アイデアを持っている学生が順番にプレゼンをすることになっていて、事前に配布されたリストでは僕の出番は2番目だった。が、なぜか当日になると順番を入れ替えられて僕が最初にやって欲しいと。どうせやるならいちばん印象に残る最初にプレゼンをするのは好都合と思い快諾。気合いを入れて5分程度でピッチ。プロトタイプも準備していたので(ちょっとまだ不格好ではあるが)その場で披露。質疑応答からも結構興味を持ってくれてそうな印象を受けて、僕の番は終了、と思ったら・・・・・・・・・・、担当教官のBill Auletから一言。

「君が今プレゼンした内容は、実はこの授業の成果物だ。つまり、君はこの授業のエンドポイントにいる。この授業でいったい何を期待しているんだい?」

全く想定外の質問をいきなり受けてしまい、僕は、一瞬言葉を失った。とは言え、黙って立っている訳にもいかないので、

「内容としては網羅しているかもしれないがそれが必ずしも正しいとは限らないし、今のビジネスプランはまだまだ荒削りなのでもっとブラッシュアップしたい。」

と、何とか反論。僕の期待は、エンジニアとの出会いだったわけだが、実は僕が探していたコンピュータサイエンスのエンジニアは殆どいないことは分かっていたし、それを全面に出すのも気が引けたのでちょっとイマイチと思いながらの回答となってしまった。

予想外なスタートとなってしまったが、MITのEnergy Communityに正式に参加出来る事になったわけだし、ネットワーク作りのとても貴重な機会であることは間違いないので、この機会を最大限活用して行きたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。