スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のイノベーションセンターとしての関西のポテンシャル

漸く、先日の助成金の応募がひと段落したので久しぶりに投稿したい。実は、先月、Nature, Inc.の日本法人が京都に誕生した。その名も、Nature Japan株式会社。どうして京都なのか?

東京への人口集中問題
僕は、就職して初めて東京に住んだのだが、6年間の生活を経て感じたのが、とにかく東京には人が多すぎて人との物理的距離感がおかしくなっていて、それが理由で不快な思いをすることが日常茶飯事となっていること。最悪なのは、満員電車で明らかにスペースがないところにでも、人を押しのけて入る。これが東京では普通なことに最初は驚いたし、6年経ってもこれには慣れなかった。僕は、田舎の島で幼少期を過ごしているから特にそう感じたのかもしれない。

でも、この根本的な問題は、結局企業が東京に集中し過ぎていることにある。企業が集中しているので、そこに人が住むし、それを支える行政組織も必要になってくる。資本主義や市場原理に委ねて都市設計を計画的にしてこなかった結果が今の東京の実態なのではないか。そんな問題意識を僕は常に感じていたので、自分の会社は東京以外の都市に作ると決めていた。

グローバル企業の日本拠点
僕は、Natureという会社はまだ何者でもない会社であるが、この会社をグローバル企業にするという事にはとことんこだわりたいと思っているし、そのために必要なことはすべてやりたいと思っている。Natureがグローバル企業になるという前提で考えると、日本拠点はやはり外国人が来て日本の良さを知ってもらうのに最高の場所というのも1つの場所の選び方だと思う。その結果、日本の古都である京都を選んだ。これをきっかけに少しでも地域の活性化の一助となればと思う。

日本のイノベーションセンターとしての関西のポテンシャル
僕は、最近感じているのだが、関西には日本のイノベーションセンターになるポテンシャルがあると思う。これは、あくまで僕の仮説なのだが、関西にはとんでもないものを許容する文化があるように思う。例えば、関西人は、おもしろいからえーやないか?!という軽いノリで突拍子もないことを受け入れてしまう、そういう寛大さを大切にしているところがある。関西という地域が、日本で活躍するお笑い芸人を量産しているのもそういう価値観がお笑い芸人を育てやすいのかもしれない。

僕は、関西で活動するのはこれからなのでまだまだ他にもたくさんあると思うが、関西には日本のイノベーションセンターになるポテンシャルがあると感じた具体的な事例を紹介したい。

まずは、結局住民投票でおしくも成立しなかったが、大阪都構想。僕は、あまり事の経緯を細かく追ってはいなかったが、これまでこれだけ長期間において大阪市として存在してきたものをここに来て大阪を都にして統治機構改革を起こすというのは相当斬新な発想だと遠くから話を聞いていた。僅かの投票差で可決はされなかったが、これをきっかけとした更なる改革に期待したい。

大阪都構想


次に、大阪大学の飛び級制度。ボストンであった大阪大学出身の知人から聞いた話だが、大阪大学では大学院の3年生に大学院試験を受験させて、大学4年生を経ずして修士課程に編入される仕組みを導入しているらしい。この仕組みで飛び級する学生が相当数(確か、1/4程度だったとうっすら記憶)いるというのが驚きだ。ただ、大学4年生を経ていないので修士課程を終わらせなければ高卒になってしまうらしいが・・・。

Nature Japanでも、次なる関西初のイノベーションをドライブして行きたい。

お詫び

6月30日の午後11時半頃、僕は待ちに待っていたiMacがFedex経由で12時頃に届くことになっていたので、引き払う前のアパートで待機していた。

幸い隣の部屋なので僕の部屋のWifiが届いて、Macbook Airを持ってカタカタと作業をしていた。時刻は、13時前、待っても待ってもこない。そうしているうちに時差ぼけのせいで極度の睡魔が襲ってきた。眠くて仕方がなかったので隣の部屋から寝袋を持ってきて少し仮眠して待つことにした。起きたときには既に15時だった。これはおかしいとドアを空けてみると、実はFedexが既に来ていた。何か物音がしたという瞬間はあったが、部屋をノックしたりという明確なシグナルは間違いなくなかったと思う。既に、Fedexが週末に2度来ていて、これがラストチャンスだったのにここで受け取れなかったショックは大きい。仕方がないので、Fedexに電話して、自分でPick Upすることにした。

そして、漸くiMacが家に到着した。iMacが届かない間は、Herokuの開発環境をMacBook Airの方に設定し、着々とソフトウェア開発の準備を進めていた。

iMac到着


それと並行して日本国内の助成金についても調査を開始した。すると、何とNatureの為にあるような助成金があるではないか?!しかも、締切がなんと今からたったの1ヶ月。色んな人に話を聞いて回ったが、この助成金に応募しない手はない。が、僕は1ヶ月は集中して、ソフトウェアを開発することを決めていた。どっちもやることも考えたが、如何せん超重要な2つのタスクを全て自分で抱えるのは無理がある。悩んだ末に、僕がどうしてもやる必要のないソフトウェアの開発は外部に業務委託し、僕は助成金の応募準備に集中することにした。

数日前に、プログラミング奮闘記を30日間書くことを宣言したばかりなのにお約束が守れず大変申し訳ございません。助成金準備の合間にこのブログの更新は続けさせて頂きます。

僕は、昔から夢(寝ているときに見る夢)を見ることが大好きだった。現実世界とは完全に切り離された世界に自分を無意識に存在させることが出来る、その創造性と非現実性に魅力を感じるせいかもしれない。あまりに好きだったので、高校生の頃、夢の本を好んで読んでいた時期がある。その頃は、フロイトの夢判断を読んで、「夢とは願望充足のためのもの」という解釈のもと、同級生の夢の話を片っ端から聞いては夢診断をしていたことが懐かしい(ちょっと迷惑な高校生?!)。僕は、その頃から、夢にはある種の精神安定剤としての機能があると思っている。

夢判断


どうして急に夢の話になったかというと、さっきまでうたた寝(まだ、時差ぼけが抜けきれておらず・・・)をしていて久しぶりに示唆に富んだ夢に遭遇したからだ。これがまた不思議な感じでBleachという日本の漫画と自分の現実世界が融合したような世界の中で。

そのストーリーは、僕が最強の戦士として、極めて平穏な世界の中で日常的な暮らしをしていたところからスタートした。僕は、スーパーのレジに並んで、ごく普通に買い物をしていた。僕が、クレジットカードで支払いを済ませようとしたとき、突然、店員の不信な操作によって、巨額の支払い要求を受ける。当然、そんな請求はおかしいと抗議する僕と店員が口論になった。すると、その店員が突然変貌し、史上最悪の敵となり、僕に襲いかかってきた。

そこから、その敵と僕の激しいバトルが始まる。僕は苦戦し、その敵に殺されそうになる。その瞬間、僕は実は自分がその史上最悪の敵と同一人物であり、邪悪化してしまった現世の自分を倒すために過去からタイムマシーンで送り込まれてきたことを知る。吹っ切れた僕は、渾身の力で刀を振りかざし、邪悪化した自分自身を倒したところで目が覚めた。

夢の作用が何かというのは、議論が分かれる。フロイトの願望充足のためという考え、ユングの無意識に封印された意識が夢の中に現れるという考え。いずれにしても、夢というのが人間の心と密接な繋がりがあることは間違いない。僕が、この夢を見て受け取ったメッセージは、2つ。1つ目は、善と悪の境界線がいかに曖昧であるかということ。2つ目は、何かを成し遂げるためには自分が最大の的であること。何だか、これが意識のない僕から覚醒時の僕へのメッセージのようだった。目覚めた瞬間に、とても清々しい気持ちになったのは、寝不足のせいもあるだろうが、やはり夢には人間の精神安定剤としての機能があるのではないかと感じた。

と、実は、明日がRock Summer FellowshipのMonthly Reportの締切り。そろそろ、現実世界に戻って、課題を片付けよう。

決意表明!

ボストンに帰国後、ニューヨークに行ったり、引っ越ししたりで随分とバタバタしていたが、あと数日で漸く落ち着きそうだ。日本帰国中に、Nature関連で色んな方とお会いさせて頂いたが、今後の本格的な事業化の可能性にそれなりの手応えを感じる結果だった。ここからは、いかに早く商品をマーケットに投入し、フィードバックと改善というサイクルを高速で回し、競争優位性を確保して行くかということが勝負になる。

日本では、それほど浸透していないと思うが、ハーバードMBAでも徹底的に叩き込まれ、アメリカのスタートアップの業界では常識になっているものにLean Start Upというものがある。これは、製品開発の段階でマーケットとのフィットを上手く導くまでは、極力商品をデフォルメ(簡易バージョン)した形で市場に投入し、顧客からのフィードバックを得て改善しながら市場にフィットした商品を開発して行くという手法だ。商品を完成系で市場に投入し、そこから軌道修正をしていくよりも圧倒的に改善のスピードが早く、初期コストも抑えられるのでスタートアップの会社には極めて適合性が高いアプローチだ。

その第一歩として、今、まさにNatureでもプロトタイプを作っているところだが、明後日(6月30日)から7月末(7月29日)までの間の30日間を掛けて自身でソフトウェアの部分(デモ用の機能の実装まで)を開発することにした。開発効率を上げるために、27インチのiMacも購入(が、まだ、到着しておらず・・・。待ち遠しい!)!もともとプログラミング自体は、13歳のときにスペースインベーダーをBasicという昔なつかしの言語で作ってからスウェーデンでComputer Scienceの修士号を取るまで得意分野ではあったが、いかんせんブランクが長いので一から勉強する覚悟で望みたい。

プログラミング


ある技術者の方から、その様子を毎日ブログに更新してはどうかというご提案を頂き、確かにそれは面白い!と思ったので、6月30日から出来る限りその試行錯誤の様子を毎日このブログを更新して行きたい。

ハーバードMBAの本当の凄さ

約1ヶ月の日本滞在を終えて、漸くボストンに戻ってきた。短い時間だったが、本当に濃密な時間を過ごすことが出来た。これも支援して下さった皆さまのお陰以外のなにものでもない。

帰国時にお世話になった商社の先輩であり、ハーバードMBAでの先輩でもある先輩と飲む機会があり、ハーバードMBAの本当の魅力について熱い議論をさせてもらった。そこで意気投合したのは、ハーバードMBAが本当に凄いのは、資本主義の権化とも言われるこの学校の徹底した「仕組み」であるということであり、その洗練された仕組みを2年間体感することに大きな価値があるということだ。では、その実態がどういうものかということを少し解説したい。

何となくケーススタディというものを理解されている方は、多いと思うが、ハーバードでいかにしてケーススタディを教えているかということを知っているのは、実際にこのケーススタディを経験した方くらいだと思う。ハーバードでのケースの教え方には、徹底的に学生の学びというアウトプットを極限かする仕組みが出来ている。

まずは、学生の観点。成績の50%が授業での発言で評価される。当然、ケースを確り読んで準備した生徒がこの発言点においては有利である。恐らく、話を聞いていればその生徒がどの程度ケースを読み込み、思いを巡らしたかというのは分かる。また、逆に他の学生の発言を聞く場合も、事前に準備を徹底している方が理解が深いし、記憶にも残りやすい。残りの50%は、期末試験かレポートであるが、これは包括的に学習内容を理解しているかのチェックになっている。つまり、授業で扱う特定の分野に精通していたとしても高い評価は得られない。そういう風に期末試験は出来ている。

次に、教授。ハーバードMBAに来て驚いたのは、教授陣の質の高さと熱心さだ。授業における準備という意味では、教授が学生のそれを遥かに上回る。どんな発言が生徒から出てきても、収束点を目指して、全体の議論を誘導するその力は、圧巻である。それに加えて、学生からの質問や訪問にたいして熱心に指導してくれる。僕も、何度も教授のオフィスに足を運んでいるが、常に快く受け入れてくれるし、15分~30分という短い時間だが、極めて有益なアドバイスをもらっている。

この学生と教授もお互いに評価し合う仕組みになっている。学生は、当然教授から成績を受け取るし、それ次第では、退学処分になることもある。教授も、学生から期末に評価を受けて、それが良くないと昇進出来ない。ここまで徹底した仕組みがあるから、その学習効果は想像以上に凄い。僕自身も、正直ケースによる学習効果については懐疑的だったが、日本に帰国し、色んな人とビジネスの話をする上で、思った以上にこの1年で鍛えられたなということを実感した。

次に、ハーバードMBAではフィードバックを極めて重視しているし、その改善のサイクルが凄い。例えば、とあるカリキュラムで学生から同様のクレームが多数入った場合に、その問題点は翌年にはもう存在しないのだ。そのペースで、学校側は軌道修正して、最適なやり方を模索している。正に、超優良起業並のスピード感がここにはある。

最後は、やはり機会の提供だと思う。ケースで取り扱った内容の当事者が授業に来る事は日常茶飯事だし、その後に昼食会に参加することも出来る。人気のあるゲストの場合は、抽選になるが、そこでは、より込み入った質問をすることが出来る貴重な機会だ。多い授業では、恐らく取り扱うケースの50%近くの当事者が学校に来てくれたのではないか。

それだけではなく、授業後にCEOが講演に来てくれることもあるし、祝日に学生主催のコンファレンスでゲストスピーカーとして早々たる面々が参加することもある。つまり、世の中で活躍する経済界の方々と接点を持つということにおいてこれほどの機会は他にないと思う。

CEO Speach


僕は、この学校では、今、「会社を経営する人材育成」から「価値を創造する人材育成」に舵が切られているのではないか、と感じ始めている。これまでのような典型的なコンサルや金融系のバックグラウンドの人でさえ、本当の自分を模索しようとハーバードMBAに来ている人も多い。特に、超優良のPrivate Equity Firmを退職し、金融は本当に自分がやりたいことではなかった、本当に自分がやりたいことを探しにMBAに来ているという人が結構いる。これは学校側がそこにより強い焦点を当てているというのもあるが、そういう人間を取っているということが大きいと思う。僕も、昔のハーバードMBAのことは分からないので昔のことは何とも言えないので、人伝に聞いた印象の範疇でしかない。

I Scramble


つまり、何が言いたいかと言うと、ハーバードMBAとは、ビジョンと夢を持った(又は探している)学生の集まる場所であり、それを実現する最高の機会を提供してくれる場所であるということだ。そういう高い志を持った日本からの受験者が今後どんどん増えてくれればと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。